ワタシゴト

普通の大学生が思ったことをいろいろ書くよ。 主に日記と趣味。

ブログを始めて良かったこと

 

何やかんや収益化などもしてないただの趣味ブログを1年以上続けて、今や投稿数90を超えた大学生的「ブログを始めてよかったこと」を語ります。

 

…とその前に、特に何の目標もなしにだらだらと1年以上ブログ続けてきた私は暇なのか?

 

 

 

気を取り直して。

まずブログを読み始めてよかったことですが…自分の考えを言語化できるという点ですね。

というか私的にはこれに尽きる。

 

私は特にジャンルとかを絞らず、思いついたことを適当に書いてるので、急にまじめな考察書いたかと思えば、推しの発表に右往左往し、かと思えば少しモヤモヤしたことを書いたりと…絶賛情緒不安定かよ!みたいなブログを書いているんですね。

 

だから、その時思ったことを「なんかうれしかった」「なんとなく嫌だった」に終わらせず「こういうことを思ったから嬉しかった」と詳しく書く作業を日々してるんですけど、それが案外楽しい。「言葉に表せないこの感情!!!」をブログに書くために無理やり言語化するので、自分の考えを整理できるんですよね。

 

しかも、一応誰かが読む前提で書いてるのでね。ちょっと誰かに聞いてもらえる感じがするんですよね。なんかとにかく話を聞いて欲しいときってあるじゃないですか。アドバイスは求めてないけど、聞いて欲しいやつ。だから、ブログ書くだけで誰かに聞いてもらった気がして、案外すっきりする。

 

 

 

 

そしてそれをね、思い出した時に読み返すと。

めちゃくちゃ「それなーーーー!!!」現象ができるのでおすすめですね。自分の解釈にあう考察ブログや、分かるわ~みたいな呟きに出会った時の感情を自ら作り出すことができる。これぞ自給自足ですね。めちゃくちゃ環境に良い。

だって自分が思ったこと書いてるんで、当たり前ですけど解釈が合うんですね。「いやぁ~めっちゃ分かるわ。共感しかないわ。」誰だこれ書いたの…

 

私か!!という地獄なような体験ができるのでとてもおすすめです。

 

いやぁ~分かりみしかないわ。という感情にめちゃくちゃなれる。

誰かと分かり合えたような気持ちになれる。

 

 

 

…言葉にするとなかなか地獄だな。全部自分なのに

 

 

 

でもほんとに楽しいんですよ。自分の日記読みかえすみたいな感じで。日記だと自分だけ分かればいいから、結構読みにくかったりするんですけど。ブログなので。一応きちんとした日本語使おうと心がけてるので。文章がまあまあ読み返しやすい。

 

でも流石にブログ始めたガチ最初の方の記事は、恥ずかしくて読みかえせない。今も読みにくいけど、更に読みにくいし、文章も変に頑張ろうとキラキラしてていたたまれない気持ちになる。

 

 

 

 

 

だからこの記事も数ヶ月後くらいに、「ブログ楽しいなぁ~」って私が思った時に多分読み返すんですよね。そして「それなー!!分かるわ~!!!」って1人でなるんですよね。ほんとにただの自給自足。とても平和で環境に良いですね。

 

でもそれが楽しいんですよ。仕方ない。

私は私のためにブログを書いてる。

 

とは言ってもやっぱり反応もらった方がうれしいとかいう心の声もある笑

 

 

 

 

 

 

ちなみに真面目に良かったことを書くと、「文章を書くのに少し慣れた」「タイピングが速くなった」 「自分の気持ちを言語化するのに慣れた」「博識な方々のお力をお借りしたらデザインとかをいじれるようになった」「HTMLを0.1ミリほど理解した」的なこともある。

 

 

 

 

 

 

 

 

だからまあ…

別に立派な目標なんて持たなくていいから、みんな気軽な気持ちで文章書こうぜってお話でした。案外ブログも楽しいよ。

  

文章からにじみ出る隠し切れないオタク感。